スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親方の日記見ましたよ!

20代後半から30代が喜ぶ画像特集ということで

親方の日記の動画見ましたがっ!!

若い世代なので半分以上わからんttttttttt

冗談抜きでまじでtttttt

あれかな、基本男の子の玩具が多かったからかな・・・。


女ばっかりの家族では今一わからなかったですttttハイ




しいて言えば、

これを見て我が家のシルバニアの悲劇を思い出した。



うちのシルバニアは、知り合いの大工さんに世界中どこを探してもない

すげえええええええデカイ家を本格的に作ってもらってて

それが一番の自慢だったなぁ。


友達がそれを見によく遊びに来ていたものだ。







姉妹で家具とか人形とかチマチマ集めてね、

それはそれは、うちのシルバニアファミリーは大富豪の館になってたんだ。



そのファミリーには最後忘れもしない、悲しい結末と物語があった。

話は反れるが今日は、この悲しいファミリーの悲劇の物語を綴ろう。





ベージュのウサギのファミリーを集めていたわけだ。

子ども4人から集めだしたんだ。


あたしら姉妹の設定としてお兄ちゃん、妹、双子の赤ちゃん

という4人の設定だったんだ。


その間に、二段ベット、ピアノ、ベビーベットが増え、遊具を置いて庭ができ、

暖炉、キッチン、シャワールームといつか住みたいと思うような夢のような家になっていく。


やがてある日、海外転勤になっていた父親が帰ってくる(という設定で父親を購入)


これ以降、幼い姉妹達の脳内設定で話を進めるのであしからず。






お父さん
『ハハハお前ら元気に暮らしていたかい?病気で入院しているお母さんも

早く帰って来て、この家で一緒に住めるようになるといいなハハハハ』






お姉さん
『そうだね><あたしも早くお母さんにあいたいよ><』



赤ちゃん
『バブバブー』イクラちゃんじゃないよ!!





お年玉、毎月のわずかなお小遣い、1年がかりで3人で集め続け、残すは

長期入院中という設定の母親を購入すればまさに家族が全て揃う設定だった。



姉妹は最後に残ったうさぎの母親の購入を、母親なだけに母親に託す。


『仕事の帰りにうさぎのお母さん買って来て!!』



これがそもそも、この我が家のシルバニアファミリーに悲劇をもたらすきっかけとなった。



3人姉妹の母親、好子(よしこ)。

この時の彼女は、仕事に疲れデパートのおもちゃ屋に足を運ぶのが非常に

面倒くさくてその辺ですませたのか。


あるいは、仕事で子どもたちが必死に集めている物がシルバニアファミリーだという

事を知る余裕がなかったのか。


何をどう勘違いしたのか、楽しみに母親の帰りを心待ちにしていた3姉妹に渡された

人形が・・・・・

どす黒い母


まさにこれだった。


当時放映されていた、シルバニアをパクったような

このメイプルタウン物語というアニメの人形である。

種類が違う上に、他の家族とは明らかに違うドス黒さ!!!!


3人で半泣きになったのを覚えている。




さぁ、ここから大変なのは幼い姉妹の脳内設定である。




『さぁあなた達、今日から私があなた達のママよ』
黒いママ





お姉さん
『誰この人!!あたし達のお母さんじゃないわtt』



黒いママ
『まぁ!憎たらしい小娘ね!おだまりっ!』




この様に、突如現れた色の違う母親はママ母という設定に変更になり

幸せだった一家に不幸をもたらす物語へとなって行き

次第にそれが原因で、姉妹喧嘩が耐えなくなった姉妹3人は

自然とシルバニアファミリーから興味が薄れていくのであった。




現在娘の持つシルバニアを見て、姉は当時を思い出してこう言った事があった。


『うちらのシルバニア・・・・

お父さん、お母さんの入院中に浮気したらいかんわな・・・・。

私も、未だにあの時手渡された黒いうさぎの衝撃は忘れられんよ・・・・。』



母親好子、来年還暦。

未だにそれを笑ってごまかす。


ある家のシルバニア物語であった。



コメント

非公開コメント

最近の記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最近のコメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。